geralt / Pixabay

ネットワークビジネスの成功理由

ネットワークビジネスの成功は、本質的に組織とアップラインにかかっています。

これは、どのネットワークビジネスを選択したとしても、同じことです。

ネットワークビジネスは、「個人ビジネス」でありながら「チームビジネス」でもあります。

ネットワークビジネスと似ている実ビジネス

別のビジネス形態で、似たものを探すと「フランチャイズビジネス」がこれにあたります。

フランチャイズビジネスは、提供する側のフランチャイジーと、加盟するフランチャイザーに分かれます。

提供する側は、フランチャイザーが成功しなければ、継続的なビジネス収入になりませんし、ビジネスの拡大もできません。たとえば、餃子の王将やセブンイレブンなど有名な多店舗展開をしているところは、かなりフランチャイズで勢力拡大をしています。

フランチャイザーは、自分で直営店を持ち、マーケティング、組織運営、商品、商圏分析などなどを行います。
各種分析の結果として、「一番いいビジネス形態、商品(品揃え)・サービス」のノウハウや商材の提供を行います。

加盟店:フランチャイザーは、その「ノウハウ・商材」を活用して、地域に根差し、地域ごとに多少のカストマイズを行いビジネスを成長させます。

かなり似ていますよね。

ネットワークビジネスでは、アップラインとアップラインが所属する組織、その上部として商品提供をする「メーカー」があります。

商品についての研究開発は、大元の企業(メーカー)が行い、品質にこだわり、最良の製品を作ります。
また、ビジネスプラン(収入プラン)の作成も、大元の企業が行います。

マーケティング(ディストリビューション)については、フランチャイズで言えば加盟店、ネットワークビジネスで言えばディストリビューターが実施します。

この際に、ディストリビューターとなった人が、各種のマーケティングを試します。アップラインのノウハウを取り入れ、自分なりの工夫(FCなら地域ごとに多少のカストマイズ)をして、様々なマーケティング活動を行います。

そして、新たな加盟店(自分からの加盟店)=ビジネス参加者に、更にノウハウを伝えていくという構図になります。

ビジネス加盟したディストリビューターと上部組織のノウハウ

さて、ここであなたが、とあるネットワークビジネスに参加したとします。
商品や、報酬プランには何も問題がないとします。

ですが、上部組織が出来上がったばかりだとか、アップラインが何もせずにその更にアップからのスピルオーバー(上の人ががんばって、自分はなにもしなくてもラインができていくかたち・・・など)だけを待っているような人だった場合・・・・

あなたもただ単に待っているだけのネットワークビジネスになっていくような気がしませんか?

更に、そこで考えてみてください。

その組織や、そのビジネスは成長していくでしょうか?

最終的に「やばい」状況になりますよね。

また、いくらアップラインが頑張ったとしても、「個人」で伸ばしていくには限界があります。

もし、あなたが真剣だったら・・・

もし、あなたが、今後の人生について本当に真剣に考え、ネットワークビジネスを自身のストックビジネスとしてとらえ、きちんとした組織ができるまでは自分もビジネスにおいてきちんとした経験を積みたいと思うのであれば、一度、私の参加するビジネス内容やノウハウの「さわり」を体験することができます。