GUM14_PH10002.jpg
あなたは、ネットワークビジネスが原因で、親類、友人・知人との関係が悪くなったことがありますか?
友達をなくさないためにはどうしたらよいのでしょうか?

Point1 しつこくしない

* いくら、ビジネスの話や、製品の話をしても興味関心をもたない人がいます。これは個人個人の対応ですから仕方のないことです。数少ない話を聞いてくれる人だったかもしれません。あなたに対する友情と製品・ビジネスについての興味関心はまったく別です。
あなたが巨人ファンで、友達が阪神ファンだったとします。
どんなにあなたが、巨人軍の良さを説明して、いいチームだと言っても、相手は絶対に信念をまげません。
「説得」という行動自体が「壁」を作りますので、興味がないと言われたり、そんなそぶりがあったら、あっさりと終わりにしましょう。
「ごめんねー。この話はこれで終わりにするね。
そうそう、高校の時の○●君ね、この間結婚したんだけど、すぐに喧嘩ばかりになったみたいなのよ~ ・・・」
みたいな(^^)

Point2 ビジネスより製品

自社の製品を愛していない人に営業はできません。
まずは、自分自身が自社製品の良さを「がっちり体験」「体感」することです。
で、使ってみて、こんなにいいんだと言うことを「サラッと、伝える」
「サラッと」伝えて、興味関心を示して来たら、もうちょっと掘り下げて伝えてあげましょう。
「えーどうしようかなぁ。教えたくないアイテムなんだけどなぁ・・・」程度でいいかもしれません。

Point3 友人・知人・親戚に関係のないビジネスモデルを選択

これは、基本的に「ネットワークビジネス」を「生涯のストックビジネス」にしていきたい時に真剣考えるべきです。
友人・知人には数の限りがあります。
その中での参加率は低いので、新たなつながりをもとめてうろうろしなくてはいけなくなります。
では、「友人・知人」に頼らないビジネスとはどういったビジネスだろうか?
それが、インターネットを使ったMLMビジネスモデルです。
でもちょっと前に記載しましたが、コピペですぐに儲かるみたいなものではないです。
じっくりゆっくり自分が製品を愛用しつつ、ビジネスに本腰を入れて取り組んでいく。
そうすると必ず結果につながって行く・・・・
そういったビジネスモデルを選択することが大切だと思います。
ご興味があれば、今すぐ ↓
出会った時、これを読んだ時 ・・・・
それが「縁」というものですから、縁を大切にし、チャンスをつかんでみませんか?
一緒にやりましょう ↓